通学時の防犯対策について考える

   

お子さんにとって毎日の通学は日常的なことですが、そこには様々な危険が潜んでいます。避けられないことももちろんありますが、避けられることについては対策を行っていく必要があります。まずはどういったところに危険があるのかという事を考えるようにしましょう。家庭の状況や通るルートなどによっても問題は違ってきますから、家庭ごとにリスクと対策を考えていくことが大切です。
大人だけで対策をするというだけではなく、親子で話し合っておくという事も大切なことです。大人がなかなか気が付かない部分で子供が気が付いている危険もあるかもしれません。防犯対策をとるときには大人が考えてそのやり方を押し付けるのではなく、子供と一緒に試行錯誤しながら考えていくようにしたいものです。

実際に歩いてみると危険がわかりやすい

通学の際に通る道については、当たり前のこととして特に確認しないという事もあるでしょう。しかし、時々お子さんと一緒に歩いてみるようにすることがおすすめです。建物や道路の状況などが変わることもあります。そういった変化に対応できないと危険を避けることはできなくなってしまうためです。休日などにお子さんと散歩をしながら学校まで歩いてみるとよいでしょう。親子のコミュニケーションの機会ともなりますし、危険なポイントを親子で共有することでどういった防犯対策をとるかという事を考えやすくなります。
子供に気を付けてもらいたいことは積極的に伝えるという事も大切です。状況の変化で今の通り道が危険な状態にある場合などは、通る道を変更するなどという事も一つの方法です。学校などと相談しながら安全な道を選んでいくようにしてみましょう。

見守りの輪を広げていくことも大切

両親が共働きで帰宅時に家にいないことが多いという場合などは、防犯対策の重要性も高くなります。すぐに連絡が取れるようにしておくことや、見守りができるような仕組みを作っておくことが大切です。どうしても職場にいる親だけでは対応できないことも多くなるので、親だけではなく子どもを守る人の輪を広げておくことが重要になります。通学を見守ってくれるボランティアや近所の住人などとの関係を日ごろから積極的に作っていくことも大切です。
特別なことをする必要はありませんが挨拶などはしておきましょう。そうすることでいざ不審者などが出た時に知らない人だと気が付きやすくなりますし、周囲の人に異変に気づいてもらいやすくなります。ぜひ親だけではなく地域へと見守ってくれる人の輪を広げていきましょう。

時期によっては、お得なキャンペーンも実施しております。 当社の見守りサービスの特徴としましては、JR東日本で初めての改札システムを使用した子ども見守りサービスとなっております。 子どもの成長とともに、行動範囲が広がることに抱く不安を、当社サービスがサポートします!子どもが「Suica」または「PASMO」でJR東日本の駅自動改札機を通過すると、保護者にメールでお知らせが届くようになっております。 通学で防犯グッズを備えるならこちら

ピックアップ記事

防犯カメラは通学に必要

学校や塾に送り出す親御さんたちにとって、その通う道すがらは何事もないことを願うものです。しかしニュース等で学童がトラブルに巻き込まれたことが報じられると心配にもなるもので、これに対しては十分に対策をと...

通学する通学路にも防犯対策をしよう

朝登校するときや学校から帰る際、必ず通ることになるのが通学路です。近所の人たちの目が行き届いていたとしても、帰る時間が部活などで遅くなってしまったり、街灯がなく薄暗い道を一人で歩いていたりすると時には...

通学路などでは防犯や照明対策を

子供さんの通学路については人それぞれでスクールバスを家の近くから乗降することもあれば交通機関を利用する場合もあります。学校に限らず時期によって塾を利用することもあり、帰宅時間もまちまちになって来ます。...

携帯を使って子供を守る、通学時の防犯対策

子供が小学生や中学生になると、ひとりで通学するようになります。時には電車やバスといった公共交通機関を利用し、遠方の学校へ登下校することもあるでしょう。無事ひとりで帰って来られるか、親としては心配になる...